トップ > 導入事例 > 【VR不動産事例】空室対策に成功! バーチャルホームステージングを賃貸管理・仲介で使う秘訣|ミノラス不動産株式会社3
事例動画を見る
不動産仲介・管理業
雑貨店舗
現代アートギャラリー

【VR不動産事例】空室対策に成功! バーチャルホームステージングを賃貸管理・仲介で使う秘訣|ミノラス不動産株式会社3


ミノラス不動産株式会社は、東京都大田区にある不動産管理、仲介会社です。


大田区を中心に展開するミノラスホールディングス株式会社のグループ会社で、グループ全体ではサブリース事業やマンスリーマンション事業など広く展開しています。会社名はお客様や社員と関わるすべての人の夢を“実らす(ミノラス)”という思いが込められています。


今回は、ミノラス不動産株式会社PM事業部の伊藤さんにお話を伺いました!



目的 営業・成約率アップ、集客力アップ
用途 ホームページ・QRコード埋込 、オンライン内見・内覧、バーチャルホームステージング
業種 不動産仲介、管理業


会社名 ミノラスホールディングス株式会社
所在地 東京都大田区西蒲田7-36-7 ミソノプラザ1F
事業内容 不動産の売買・賃貸仲介、運用管理
規模感 不動産の売買・賃貸仲介、運用管理
URL https://www.minorasu.co.jp/



━ 「実際にお部屋を見ないで契約するお客様も1〜2割はいます」


━ まずは御社の会社紹介をお願いいたします!


東京都の大田区、城南エリアを中心に地域密着の不動産管理会社として営業しております。従業員はパート・アルバイトを入れて70名ほど。管理戸数は約4000戸の管理会社です。店舗は4店舗あります。


━ VRを活用しようと思ったきっかけは何だったんでしょうか?


弊社はマンスリーマンションの運営もしているのですが、マンスリー物件に導入したのがきっかけでした。コロナ前はインバウンド需要も法人需要もあったので、3年近く前にスペースリーを導入しました。
マンスリーの方での問い合わせやVRの評判が良いというのを聞いて、それだったら、と思って通常賃貸の管理物件にも導入したという経緯です。 また、スペースリーは導入時の対応もすごく良くて、親切で分かりやすかったのも決め手になりました。


PM事業部 伊藤さん

━ 実際に導入した後、現場社員の方にはスムーズに浸透しましたか?


はい、思っていた以上にみんな覚えるのも早く、すんなり使ってもらえていると感じますね。この浸透の早さも数年継続させていただいている理由になっています。


撮影して制作したVRコンテンツは、反響があったお客様にURLをお送りしたり、マイソクにQRコードを貼り付けたりしています。あとは店頭に図面も貼っているので、店頭でQRコードを読み込むお客さんもいらっしゃいますよ。


━ 店頭のQRでお部屋を見ていただいて、興味を持って来店という流れもあったりするんでしょうか?


そうですね、そういったお客様もいらっしゃいますし、実際に部屋を見ないで契約する方もいらっしゃいます。コロナ禍のこういう時期なので、VRで見られるならそれでいいですというお客様も全体の約1〜2割はいらっしゃいますね。



マイソクの一部。QRコードを読み取るとVRが見られる


そういう場合は、メールで問い合わせをいただいて、「VRで良い」と言われたらVRコンテンツをお送りします。「自分は行けないけどビデオカメラで見せてください」というパターンもあるので、その場合はビデオカメラをつないで案内に行っています。


ミノラス不動産 外観。店頭でQRなどを読んでいくお客様もいるそう


「実際にお部屋を見ないで契約するお客様が1〜2割」入居者だけではなく、特に物件オーナー側の反応が良いと語るミノラス不動産のバーチャルホームステージングの活用方法とは?


━ 入居者・オーナー双方へのアピールに使える“バーチャルホームステージング


━ スペースリーで他に気に入っていただけているサービスはありますか?


バーチャルホームステージングが、特にオーナー様からの評判が良いですね。 リフォームしてもらったお部屋や、新築・新規管理物件などで、積極的にサービスを利用しているのですが、入居者様へのアピールになるだけでなく、オーナー様へのアピールにも効果があると感じています。リーシングでここまでやっていますよということで、他社さんとのいい差別化になっています。費用も原則弊社持ちなので、その辺りも喜ばれていますね。


━ バーチャルホームステージングを使用し始めて、印象的だった事例はありますか?


リフォームした1Kの空室対策でバーチャルホームステージングを使ったときの事例が特に印象に残っています。 少し特殊な間取の部屋で、デザインリフォームした物件だったので「家具を置いたほうが絶対映えるな」と思ったのですが、リアルのホームステージングは費用対効果面で難しい状況でした。そこでバーチャルホームステージングを使ってみることになりました。 入居を決めたお客様は実際に現地内見もしたのですが、バーチャルホームステージングを見ながら現地を見て「こういう風に住めるんだったらこの部屋がいい、と思って入居を決めました」と言っていただけました。


━ なるほど、ホームステージングが暮らしをイメージするのに役立ったのですね。


もう一つ、3階建てのメゾネット+屋上菜園がある物件の例もありました。


3階建てなので、実際の家具を置いてモデルルームをするとなるとかなり大変なんですよ! 階段も多い物件だったので、リアルステージングだったら20万くらいかかってしまう想定でした。

そこでバーチャルに切り替えたところ、見栄えもいいし、手間もかからない上、空き予定期間内に契約が決まったので、本当にやってよかったと思いました。


この物件、新築時は数カ月空室が続いていたので、空き予定で決まったのはバーチャルホームステージングのおかげもあるかなと思います。




※足元に出てくる「ホームステージング」ボタンを押すと、ホームステージングされたお部屋が見られます。

検討当初は1画像15000円〜が高いかなと思っていたんですけど、家具搬入・搬出の手間を考えたらかなり良い選択肢だと思うようになりました。


━ リアルとバーチャルのステージングの使い分け


━ リアルステージングとの使い分けはどのようにされていますか?


オーナー様の要望と、効果性を加味して検討致します。 また、リアルステージングをご提案する際にも、提案物件のバーチャルステージングがシミュレーションとして役に立っています。 写真を見せて「こんな家具置いたらいかがですか」と言うよりも、オーナー様のイメージが湧きやすいんですね。まずはバーチャルステージングをきっかけにリアルステージングの投資をいただけることもあるので、そういった観点でも役に立っています。




ミノラス不動産によるリアルステージングの一例


あとは、実際に家具を入れると、ぶつけたりなんかの破損リスクも生じるので、プラスに思わない方もいらっしゃいます。そういうオーナー様にはバーチャルを提案していますね。


今は原則弊社負担でご提供していますが、いずれはオーナー様に負担いただいくモデルも可能性としてはあると思います。


━ 1画像15000円という価格は「売買では許容できるけど賃貸だと費用対効果が厳しい」というご意見をいただくこともありますが、そのあたり御社のご意見はいかがですか?


1画像15000円だけで見ると割高なんですけど、オーナー様へのご提案や他社との差別化につながることを考えると、十分価値があると思っています。 また、同じ部屋タイプが複数ある物件だと、複数の部屋の募集に使えるので、そういった場合も効果的ですね。


少し変わった例だと、ペット可の物件でバーチャルホームステージングを発注した際に、ペットの画像を入れていただいたことがありました。 こういったパッと見て気づかれにくい物件の特徴を、わかりやすく伝えられるのも面白いですね。



ミノラス不動産によるリアルステージングの一例




━ 今後のVR活用に向けた展望を教えてください。


弊社はポータルサイトを積極的に利用していないので、発信力が重要です。そのため、VRコンテンツやバーチャルホームステージング、また動画などを起点にエンドユーザー様の興味を惹き、より多くの方々に弊社の物件を知っていただきお問合せいただけるような状態を目指しています。


━ ありがとうございました!


最後までお読みいただきましてありがとうございました。

不動産業界のVR活用方法については以下の記事をご覧ください。 VR不動産7選!不動産分野におけるVR活用法を事例とともにご紹介!

スペースリーでは今回ご紹介した事例以外にもVRの導入事例が多数ございます。サービスにご興味のある方はもちろん、他社の導入事例について詳細をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡お願い致します。






導入事例資料をご希望の方はこちらへ

導入事例資料をダウンロード