【保存版】IT重説導入の実務用チェックリスト (賃貸及び売買)

 

目次

  • そもそもIT重説とは?
  • IT重説のこれまでの経緯
  • IT重説の導入メリット
  • IT重説の資格者と必須条件
  • IT重説実施の流れ
  • IT重説の流れに関する補足説明
  • IT重説導入時の確認チェックリスト
  • オンライン内見・IT重説の導入実例

 

概要

2017年10月から賃貸取引、2021年4月から売買取引でIT重説が解禁になり、不動産業界のIT重説導入の流れが加速しています。社会実験中のIT重説の利用者 (入居側) の中で、IT重説を「利用したい」と答えた人が53.1%、逆に「利用したくない」と回答した人は全体の6%のみに止まりました。今後IT重説やオンライン内見など、不動産業務のIT化は一般化していくことが想定され、これまでの「来店必須」というアナログ対応だけでは厳しい状況にあります。

本資料では、これからIT重説の導入を検討している事業者様向けの実務レベルのチェックリストをまとめました。併せて、IT重説導入時の注意点、他社の導入事例などもカバー。エクセル用のダウンロードのリンクも添付しました。事業者の皆様の営業活動の一助にしていただければ幸いです。

※申し込みフォームに必要情報を入力後、メールにて資料を送付させていただきます。

その他おすすめの資料

日々の活動にお役立ていただける様々な資料やウェビナー動画をご用意しております。

(C) 2016 - 2021 Spacely, Inc. All right reserved.