弁護士が宅建業法改正の重要ポイントを解説!
~電子契約解禁に伴う不動産業界のデジタル化~

動画時間:60分

 

 

目次

  • 宅建業法改正の重要ポイントとは?
  • クラウドサインによる不動産関連契約の電子化
  • スペースリーによるVRソリューションを活用した不動産関連業務のDX化
  • リーガレッジによる契約書管理の電子化による業務効率化
 

概要

※ 本動画のご視聴期限は6月30日までです。

 

2022年5月の宅建業法改正に伴い、不動産関連の契約等を電子的に締結することが可能になりました。 本動画では、セラサス法律事務所の阿部弁護士、川本弁護士を講師にお招きして宅建業法改正の重要ポイントをご説明いただきました。

また、本改正を契機として業務のDX化を推進したいとお考えの皆様に向けて、電子契約の「クラウドサイン」、不動産内見のVRソリューションである「スペースリー」及び契約書管理のデジタル化を進める「リーガレッジ」を提供する各社から具体的なDX化ソリューションをご説明しております。

 

本動画は、2022年5月26日に開催されたオンラインセミナーの動画です。

※申込フォームご入力後、メールにて動画をお送りいたします。

その他おすすめの資料

日々の活動にお役立ていただける様々な資料やウェビナー動画をご用意しております。

(C) 2016 - 2021 Spacely, Inc. All right reserved.