よくある質問

1. サービス開始にあたって
Q1-1. どのようにサービスは始められますか?
Q1-2. アカウント情報やパスワードの変更の仕方は?
Q1-3. 初期導入費用はかかりますか?必要な機材は何ですか?
Q1-4. おすすめの360度全天球カメラはありますか?
Q1-5. 有料プランはどのように始められますか?
Q1-7. 利用料の支払いはどのように行うのですか?
Q1-8. サービスの解約はどのようにできますか?
Q1-9. サービスを解約した場合、作成したコンテンツはどうなるのでしょうか?

2. サービスの利用方法について
Q2-1. 撮影は難しくないのですか?どのようにすればいいのでしょうか。
Q2-2. コンテンツを作るのは難しくないですか?操作マニュアルはありますか?
Q2-3. プロジェクトとはどういうことですか?
Q2-4. アップロードできる画像の種類は決まっていますか?
Q2-5. 保管、管理できるコンテンツ(写真やプロジェクトなど)はどのように数えるのでしょうか?
Q2-6. 作成したコンテンツの管理や、編集などはどのようにするのでしょうか?

回答


1. サービス開始にあたって
Q1-1. どのようにサービスは始められますか?
即日で開始できます。スペースリーのトライアルページから登録することで、1週間のトライアルから始めることが可能です。なお、登録時、利用規約への同意が必要です。
Q1-2. アカウント情報やパスワードの変更の仕方は?
管理のための「マイページ」の「アカウント設定」のページより、ユーザー名やパスワードの変更ができます。パスワードを忘れた場合は、ログインページより、再設定を行ってください。
Q1-3. 初期導入費用はかかりますか?必要な機材は何ですか?
弊社サービスの導入に関しては、初期導入費用はいただいておりません。
必要な機材としては以下のものが必要になります。
・360度全天球カメラ
・スマートフォン(撮影、およびVR視聴に必要)
・一脚 (三脚でも可)
になります。
Q1-4. おすすめの360度全天球カメラはありますか?
おすすめのカメラについては、https://tips.spacely.co.jp/select_ricoh-theta/をご参照ください。
用途に合わせてRicoh Theta SC2かZ1がおすすめです。なお、その他の360度カメラでもスペースリーの利用は可能です。
Q1-5. 有料プランはどのように始められますか?
「マイページ」のアップグレードボタン、もしくは必要な機能の利用時にお申し込みがいつでもできます。有料プランの申し込みをするには、有効なクレジットカード情報をご登録いただくか、銀行振込を選択する場合は、請求書の宛先を登録していただく必要があります。
Q1-6. 利用料の支払いはどのように行うのですか?
お支払い方法は月末にクレジットカード決済となります。プランの変更をした場合、翌月より、そのプランの料金が反映されます。銀行振込の場合は、弊社が原則6ヶ月ごとに請求書を発行し、利用料を前払いしていただくことになります。詳しくは、利用規約をご参照、もしくは弊社まで直接お問い合わせください。
Q1-7. サービスの解約はどのようにできますか?
退会及び解約は当社に直接問い合わせフォームやメール又は電話にてご申請ください。
Q1-8. サービスを解約した場合、作成したコンテンツはどうなるのでしょうか?
サービスを解約する場合は、解約後、コンテンツは活用できなくなります。解約前に既存コンテンツに使われいる360度画像や動画の素材は事前にDLすることが可能です。

2. サービスの利用方法について
Q2-1. 撮影は難しくないのですか?どのようにすればいいのでしょうか。
きれいに撮るコツをまとめておりますので、以下のURLをご参照ください。
http://tips.spacely.co.jp/howto-thetas/
Q2-2. コンテンツを作るのは難しくないですか?操作マニュアルはありますか?
スペースリーのウェブサイトで、360度全天球カメラで撮影した画像をアップロードするだけで、かんたんにコンテンツが作れます。マニュアルがなくても直感的に操作できるように設計しています。
Q2-3. プロジェクトとはどういうことですか?
ひとつのURLでみることができるコンテンツの1単位となります。ひとつのプロジェクトの中に、360度画像を50枚まで保存することができます。
不動産の例でいうと、プロジェクトが物件、プロジェクトを構成するそれぞれの画像が、リビング、キッチンなどの各空間というイメージです。
Q2-4. アップロードできる画像の種類は決まっていますか?
市販の360度全天球カメラで撮影した場合に保存される、縦横比が1対2の歪んだ画像ファイルをアップロードすると、360度、VRコンテンツとして閲覧できます。カメラのメーカーはリコー、insta360、サムスンなど、どのメーカーのものでも大丈夫です。
過去に撮影して上記のフォーマットの画像として保存しているデータがあれば同様にスペースリーでコンテンツ制作が可能です。
Q2-5. 保管、管理できるコンテンツ(写真やプロジェクトなど)はどのように数えるのでしょうか?
各プランでは保管できる360度画像の枚数に上限があります。Freeプランでは100枚、Personalプランでは400枚、Businessプランでは1500枚です。
例えば、5枚の360度画像から構成される1つのプロジェクトを保存した場合、保管枚数は5枚となります。
また、プロジェクトを削除した場合は、そのプロジェクトで消費していた保管枚数が復活します。
Q2-6. 作成したコンテンツの管理や、編集などはどのようにするのでしょうか?
ログイン後、トップ画面の「マイページ」より、作成済みの各プロジェクトの管理や編集をすることができます。