Top -> スペースリー ニュース一覧 -> <2021年度 社員教育におけるVR活用の意識・実態調査>VR活用の研修における一般認識と利用事業者認識で大きな乖離も。7割以上の事業者がVR研修の効果を実感。さらに、導入事業者の6割以上が来年度も継続利用・拡大を予定〜一般ではコスト面の懸念があるものの、実態は年間50万以下が多く、効果に関しても明確なGAPも判明、イメージとは異なるVR研修の実態が浮き彫りに~

Release

<2021年度 社員教育におけるVR活用の意識・実態調査>
VR活用の研修における一般認識と利用事業者認識で大きな乖離も。7割以上の事業者がVR研修の効果を実感。
さらに、導入事業者の6割以上が来年度も継続利用・拡大を予定

〜一般ではコスト面の懸念があるものの、実態は年間50万以下が多く、効果に関しても明確なGAPも判明、
イメージとは異なるVR研修の実態が浮き彫りに~


 VRと空間データ活用のクラウドソフト「スペースリー」を運営する株式会社スペースリー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:森田博和、以下「弊社」)は、世間一般におけるVR研修に関するイメージ(意識)と、実際にVRを導入した事業者の利用方法や効果などの実態に関する調査を実施しました。

 その結果、VRは高価で運用コストのかかるイメージでしたが、実際に導入された事業者は低コストで運用している実態が分かり、7割以上の事業者が効果を実感。さらに、6割以上の事業者が来年度も今年度と同規模若しくは規模を拡大してVR研修を実施する予定であることが分かりました。
 また、活用方法やコスト、導入・運用コストなどの観点で、企業のVRに対するイメージ(意識)と実態にギャップがあるということが分かり、イメージとは異なるVR研修の最新実態になっております。調査結果の詳細レポートについては以下からダウンロードが可能です。

ダウンロード申し込みページ:https://info.spacely.co.jp/resources/vrtraining-survey2021

※VR研修とは、VRゴーグルを活用したVR体験だけでなく、360度パノラマ画像を活用して空間全体を見渡せるコンテンツも含めた研修の総称としています。


■ 調査結果サマリ


(1)VR研修はゴーグルではなくPC・タブレット利用がメイン。さらに、年間コストも約7割が50万円以下で導入している実態判明。
 意識調査ではVRゴーグル購入や制作費用が大きいのではとの懸念があったが、実態としてはPCやタブレット、スマートフォンにおけるVR活用がメインであり、年間コストも50万円以下と比較的安価に運用しておりVRに対するイメージと実態にギャップがある。





(2)一般の約2割がVR研修に懐疑的なイメージも。また、スキルの標準化や技術伝承で効果があるという認識が多い。一方、導入事業者では、7割以上が効果を実感している実態も。
 意識調査ではVR研修についての効果に懐疑的な事業者が23.7%だったが、実態としては72%もの事業者がVR研修に対して効果を実感している。





(3)約6割が今後のVR活用に懐疑的、未知数という見解。しかし、導入した事業者の6割以上は利用を継続・拡大。
 意識調査では約6割の事業者が今後のVR活用について懐疑的な見解だったが、実際にVRを導入した事業者は 6割以上が効果を実感しており、今後も利用を継続していくため、一度VRを試せば継続的に活用していく傾向。





■ 調査方法



■ スペースリーの研修VRの概要
 「スペースリー」の研修VRは360度写真や動画を使った高品質な研修VRコンテンツを、自社運用で直感的に制作、編集、管理ができるクラウドソフトウェアです。大手製造業を中心に、インフラ、食品衛生管理、金融など様々な業種において導入されており、現場の作業研修や安全研修、KYTなどに幅広く活用されております。
 現場に行かなくともリッチな体験の出来るVRコンテンツは、VRゴーグルはもちろんのこと、PCやスマホ・タブレットでも体験でき、通常の研修に比べて学習意欲の向上、習熟度の向上、研修生の心理的不安の解消などといった効果があります。
▼どこでもかんたん研修VR:https://info.spacely.co.jp/vrtraining/


■ 株式会社スペースリーについて
 空間データ活用プラットフォーム「スペースリー」は、2016年11月の開始以来、不動産・ハウスメーカーの営業活動や製造業の研修分野のDX推進のために6400以上の利用事業者にサービス提供されています。リーズナブルな価格、 直感的な操作で、 ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。
 スペースリーは、業界初の遠隔地でも簡単にVR空間の案内ができる遠隔接客機能や、パノラマVR写真へ家具を自動配置する機能を含むAI空間設計シミュレータ機能をいち早く実現する高い技術力を特徴としています。また、株式会社スペースリーは360度空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進するためのSpacely Labを設立・運営しています。

▼会社紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=8jL4K851oJU


社名:株式会社スペースリー
URL:https://corp.spacely.co.jp
代表者:代表取締役 森田 博和
資本金:267,963,395円
設立年:2013年8月
所在地[本社] 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-6-2 第2矢木ビル3F
   [福岡営業所] 〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目11-1 福岡PARCO新館5F
   [大阪営業所] 〒533-0031 大阪府大阪市淀川区西淡路1-1-9 ビジネス新大阪506




2021年11月16日

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社スペースリー 養安 あゆみ
03-6452-5462 / pr@spacely.co.jp
URL: https://spacely.co.jp