Top -> スペースリー ニュース一覧 -> 古河電工、スペースリーのVRクラウドを活用してオープンイノベーション推進拠点「Fun Lab®」のバーチャルツアーを公開

Release

古河電工、スペースリーのVRクラウドを活用してオープンイノベーション推進拠点
「Fun Lab®」のバーチャルツアーを公開


 株式会社スペースリーの運営するどこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」(本社:東京都渋谷区渋谷3-6-2 第2矢木ビル3F、代表取締役:森田博和、以下当社)を活用して、古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区丸の内2-2-3、代表取締役社長:小林敬一、以下古河電工)は、同社の運営するオープンイノベーション推進拠点であるFun Lab®のバーチャルツアーを作成し、専用サイトを公開しました。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、展示会やショールームなどのリアルでコミュニケーションする場が制限され、特に製造業においては自社の技術や製品をPRできる場が限られてしまうという課題がありました。  このような状況において、非接触・非対面でありながら通常の画像や動画よりも多くの情報を伝えることのできる当社のVRクラウドを活用して、今般、古河電工の運営するオープンイノベーション推進拠点であるFun Lab®のバーチャルツアーを公開することとなりました。



■Fun Lab® バーチャルツアーについて
 Fun Lab®サイト バーチャルツアー閲覧ページ:https://www.furukawa.co.jp/funlab/virtual

 当社のVRコンテンツ制作ソフトは、大掛かりな撮影やプログラミングの必要が無く、展示物の新設や入れ替えなどに対応して自社でバーチャルツアーの内容をアップデートできるという特長があります。  また、専用機器を必要としないほか、パソコンやタブレット端末だけではなくスマートフォンでも再生できるため、時間と場所を問わず、お楽しみいただけます。

 今回、バーチャルツアーを専用サイトに公開することで、多くの方にFun Lab®の施設をVR体験していただいて実際の見学予約に繋げるだけでなく、バーチャル展示会等における同社のPRにも活用します。



■Fun Lab®について
 Fun Lab®は2016年に古河電工横浜事業所内に開設したオープンイノベーション推進拠点です。産官学およびグループ会社などから延べ2,000名の来場者を迎え、新製品や新事業開拓など共創の議論を促進しています。古河電工のコア技術である「メタル」「ポリマー」「フォトニクス」「高周波」を含む様々な技術をパネルやサンプル展示で紹介しています。
 また、自由で柔軟な発想や新たなイノベーションを誘発するための工夫を凝らしたコミュニケーションエリアを設けています。



https://www.furukawa.co.jp/funlab/

 当社は本取り組みを通じて、古河電工のデジタル技術活用推進とコロナ禍における製品や技術のPR面の課題に対し、ショールームやバーチャル展示会などの営業マーケティング目的だけでなく、安全研修や技術伝承などの研修目的、研究開発成果の視覚化などでのVR活用を支援いたします。



【会社概要】
社名:株式会社スペースリー
代表者:代表取締役 森田 博和
URL:https://corp.spacely.co.jp
所在地[本社] 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-6-2 第2矢木ビル3F
[福岡営業所] 〒810-0001 福岡市中央区天神2丁目11-1 福岡PARCO新館5F
[大阪営業所] 〒533-0031 大阪府大阪市淀川区西淡路1-1-9 ビジネス新大阪506
設立:2013年8月
資本⾦: 267,963,395円
事業内容:

  • 直感的な操作で、 ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツの制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフト「スペースリー」の開発・運用
  • 360度空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進するためのSpacely Labの運営



2021年4月2日

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社スペースリー 養安 あゆみ
03-6452-5462 / info@spacely.co.jp
URL: https://spacely.co.jp