Top -> スペースリー セミナー一覧 -> 【 2022年最新版 】データを活用した「空室対策」の成功事例(リーシング・仲介担当者様向け)

Seminar

【 2022年最新版 】
データを活用した「空室対策」の成功事例
(リーシング・仲介担当者様向け)

2022年3月17日(木)16時00分~17時00分







見どころは
\ 空室物件の価値が「上がる」/
\ 物件以外の魅力で「埋まる」/
データ活用で空室対策の成功例を公開


不動産ビッグデータとAI分析を活用して、空室を埋めることに成功している不動産企業様が増えています。 エリアデータや入居者の属性・興味関心データを読み取り、データをもとに提案することで商談成約率が高まり、空室対策に成果を挙げられています。

このデータ活用術は再現性があり、多くの不動産企業様がすぐに実践できる方法でもあります。
本ウェビナーでは、不動産企業様が実際に活用する「空室対策」の成功事例をデータ活用の視点でご紹介いたします。


ウェビナーをご視聴いただくメリット
以下のノウハウや成功事例を知ることができます


☑ 空室物件の価値を「上げる」方法を知りたい方
☑ 空室物件が「埋まる」データの活用方法を知りたい方
☑ 物件「以外」の魅力で空室を埋める方法を知りたい方
☑ 他社がどのように空室物件を埋めているかを知りたい方
☑ 入居者のニーズやデータをもとに、空室物件を埋める方法を知りたい方



【 第 1 部 】
オーナーも入居者も納得!
データを利用した空室対策テック活用事例
<講演者>
スマサテ株式会社 取締役 高澤 郁理


スマサテ株式会社とは?
AI賃料査定システム「スマサテ」を中心に、AIなどの最先端の技術やビッグデータを使った不動産会社(管理・仲介会社、ハウスメーカー、ディベロッパーなど)向けのSaaSを開発、提供する会社です。顧客目線のプロダクト開発が特徴の会社で、延べ100回以上のインタビューを不動産会社に行い、細かな業務単位の課題を明確化することで、年間20回以上のアップデートを繰り返し行っています。


【 第 2 部 】
いまさら聞けない…
パノラマVRとデータを活用した「空室対策」の基本
<講演者>
株式会社スペースリー 取締役 中嶋 雅宏


株式会社スペースリーとは?
空間データ活用プラットフォーム「スペースリー」は、2016年11月の開始以来、不動産・ハウスメーカーの営業活動や製造業の研修分野のDX推進のために6400以上の利用事業者にサービス提供されています。業界初の遠隔地でも簡単にVR空間の案内ができる遠隔接客機能や、パノラマVR写真へ家具を自動配置する機能を含むAI空間設計シミュレータ機能をいち早く実現する高い技術力を特徴としています。


開催概要


開催日:2022年3月17日(木)16時00分から17時00分
主 催:株式会社スペースリー スマサテ株式会社
参加費:無料
定 員:40名
場 所:オンラインでの開催となります。
(オンラインセミナーツールZOOMを利用します)

注1 :開始時刻前にアクセス頂けますようお願い申し上げます。
注2 :15時45分より受付を開始いたします。
注3 :参加者は全員ミュートでの参加となります。


▼注意事項
本セミナーのお申込者につきましては、当社で確認をさせていただき場合によってはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください



このセミナーは終了いたしました。