トップ > 導入事例 > 【えんCorp.】VR活用インタビュー 賃貸・オーナー向け契約のスピードアップ
不動産賃貸
不動産売買

【えんCorp.】VR活用インタビュー 賃貸・オーナー向け契約のスピードアップ


株式会社えんコーポレーションは福岡において、不動産流通業を通しお客様のライフスタイルやそれぞれのニーズに合った住まいと暮らしを提供しています。不動産の頼れるパートナーとして、福岡市を中心に全区域のマンション・アパート・一戸建・テナント等を紹介しています。



目的 遠方に住まれているお客様への対応の効率化と満足度向上
用途 VR接客、3DCADからVR作成
業種 不動産業


会社名 株式会社えんコーポレーション
所在地 福岡市中央区天神2-6-23 ワイ・エス・ケイ天神ビル1階
事業内容 福岡市を中心に全区域のマンション・アパート・一戸建・テナント等を紹介
賃貸仲介事業・売買仲介事業
規模感 福岡市を中心に全区域のマンション・アパート・一戸建・テナント等を紹介
賃貸仲介事業・売買仲介事業
URL https://www.en-cp.jp/





3D CADも用いたVRコンテンツの活用


ースペースリーの利用方法について教えてください。


スペースリーでVR内見用コンテンツを制作して、新築物件のWebサイトで入居者募集とオーナー向けの販売に活用しています。3D CADソフトからの書き出し現地で360度カメラで撮影してのVRコンテンツ制作の二つがあります。


株式会社えんコーポレーション 主任 大津譲二様

ーオーナー向けの販売での工夫はありますか?


マンション販売では東京の営業マンがノートPCやタブレットを使ってスペースリーのVRでお部屋を案内しています。マンションオーナー様は全国各地にいらっしゃいますので、現地にわざわざ足を運んでいただくことなく、まるでその場にいるようにお部屋をお見せできることはご契約いただける確度やスピードにメリットがあると考えています。



転勤者向け賃貸での契約スピードアップ


ー賃貸ではスペースリーをどのように活用していますか?


賃貸においても他県から引っ越してこられるお客様が多くいらっしゃいます。転勤で来られる社員様ですと物件を探しに来られた後に一度本社に戻って人事の方にご相談という流れになります。



スペースリーの遠隔接客を使えば、本社にいる人事の方と3者通話のようなかたちでご案内できますので、契約までのスピードが速くなりますし、人事の方も実際にお部屋が見られて安心、オーナー様はより早く空室が埋まると、メリットが多いですね。空室資料にもリンクやQRコードを埋め込んで活用しています。


福岡に根付いた「えん」の今後


ー今後の活用計画を教えてください。


弊社はおかげさまで福岡県下マンション販売実績が12年連続で第1位となっています。


えんコーポレーションではVRゴーグルを使って接客を行なっている

私たちえんと縁を結んでいただけるお客様に物件の魅力をもっとお伝えできるツールとして、VRゴーグルを使った接客など、スペースリーをさらに活用していきたいですね。



最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スペースリーでは今回ご紹介した事例以外にもVRの導入事例が多数ございます。サービスにご興味のある方はもちろん、他社の導入事例について詳細をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡お願い致します。






導入事例資料をご希望の方はこちらへ

導入事例資料をダウンロード